にほんブログ村  美術ブログ 鉛筆画へ  にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2010年09月28日

チャリ月山一周 YouTube編

折角なんで、記念にYouTubeへUPしてましたが、、、


音源に著○○の問題があるので自主的削除しました。↓

よさげなフリー音源が入手出来たら、再UPしたいと思います。
どなたかツーリングに合いそうなオリジナル曲をタダで譲ってくださいませんか?(爆)  

Posted by ノリ at 21:15Comments(4)キャンプツーリング

2010年09月27日

月山一周ツーリング 其の3

3日目 2010年9月26日


昨晩、ふと目が覚めると、雨風で木々が揺れて唸るような凄い音が。
でも、かなり疲労してたので又直ぐに寝てました。

朝、風は止んでました。パラパラと小雨が降ってますが、朝飯の準備です。
コールマン ツーリングテントSTは、前室スペースがそれなりに広いので雨天の調理時に重宝します。


飯もコーヒーも手間がかからずゴミが少ないものに頼ってしまいますね。



朝飯を済ませて早々に撤収。
今日は最終日。第二の難関と思われる旧R112、六十里越街道の標高900m越えです。


内陸側は橋梁工事多し。自転車で六十里越えする人も結構居るのだろうか?

他にも、十数メートルほどダートがありましたが、自転車を担けば
ロードバイクでも通過できると思いました(あくまで9/26時点の状況です)


余裕こいて地図を持ってこなかったので、右か左か考え込む事数分。。。



よく見たらちゃんと看板に書いてありました。右でふ。



いやあ、その美しさに疲れも忘れて癒されますなー。



この切り通しが頂点かな?と思ったら、少し下ってまた登坂。



コチラが本物の大越峠
元々標高の高い志津から出発したためか、あっけなく到達。2日目に比べれば楽勝。
底からの平均勾配はキツクないので、Kazさんなら軽々と上って来れると思います^^



お天気も良くなってきましたよー。とは言え、寒いのでジャケットを着込みます。
これからは殆ど下りなので精神的にも余裕が出てきました。







湯殿山ホテル到着。日帰り温泉もやってるんですねえ。知らなかった。



時間と体力に未だ余裕がある為、湯殿山神社へ参拝したかったのですが
自転車は通行不可だそうです。



湯殿山ホテル前で、鶴岡の「クラブ二輪倶」の皆さんとお会いしました。
自転車という同じ趣味を持つ者同士、偶然の出会いに嬉しくなって、しばし談笑。

鶴岡市内から上って来たにも関わらず、皆さん全く息もあがってません。凄い!
僕もいつか、この方々のように強靭な体力を手にする事ができるんでしょうか?


ご好意に甘えて一緒にパチリ!有難うございました!



昨日、K君も言ってましたが、
庄内側の下り区間は路面が濡れてたり苔むしてるので転倒注意ですと
クラブ二輪倶の皆さんからもアドバイスを頂きました。

時間にも余裕あるので急がずゆっくり下っていくと、見えてきたのが「七つ滝」
途中で流れが数本に分かれていて豪快な景観が魅力です。





七つ滝から少し下ったところ。
なんか、ゲゲゲの鬼太郎ハウス的な物が見えますが(笑)



田麦俣の多層民家。現地で見るのは初。
さっきの鬼太郎ハウスはこれのミニチュアでした。



最終日のお昼は「月山軒」さんで頂く事に。



もつみそラーメンを注文。こってりとしたコクのあるピリ辛スープに柔らかいモツ。サイコーです!



だんだん家が近くなるにつれ、苦しく楽しかったチャレンジも程なく終了かと思うと感慨深いものがあります。
ふと、振り返ると月山の雄姿が。
「あの山を一周してきたんだよなー」なーんて、あまり実感ないですけどね。。。



走行距離188kmでした。



結果、ほぼ計画通りに今年の目標は達成!来年は何すっがのー。
まあ、決して自分だけの力では無く、家族や周囲の皆さんの協力あってこその達成となりました。感謝です。

しかし、客観的に見ると、時間と資金とか有れば誰でもできるんじゃない?
本当の試練とはこういうもんじゃね?→ 鳥海山麓MTBサイクリング →という意見も聞こえてきそうです。

最大標高900mを距離160kmで制限時間有りとは。ちょっと興味はありますが、
コレを笑いながら走れるようになるには、僕はまだまだ修行が足りないようです。


月山一周ツーリング 其の1

月山一周ツーリング 其の2

月山一周ツーリング 其の3

YouTube編

                    

  

Posted by ノリ at 10:33Comments(6)キャンプツーリング

2010年09月27日

月山一周ツーリング 其の2

2日目 2010年9月25日


朝、ゴミを残さないようにチェックしつつ撤収。肘折温泉街をぐるりと見物。



旧肘折郵便局。昭和12年築。古いような、新しいような、不思議な感じの建物ですね。

こんな感じで、観光気分を楽しみながら進んでいきます。


さて、2日目は寒河江市へ抜けるR458号越えです。最大の難所は大師峠。標高900m弱。
肘折から直ぐに九十九折の激坂が始まりますが頑張って行きますよー。


肘折~寒河江 R458沿いの大自然。僕ヒィコラの合間に撮影。




国道と言いつつ、ダート区間も結構長くあります。


素晴らしく水の綺麗な小川。


小さいけどマイナスイオン一杯のせせらぎ。



そして大師峠。てっぺん捕った。あまり伝わってませんが、か~んなりキツかったです。



葉山。庄内の人達にはあまり知られてない山かな?



十部一峠。ここは大師峠より下がったところにあるので、どうと言う事はないです。
峠名は、かつて峠に番所が置かれており、通行料として「十分一役銀」を徴収していたことに由来する。



しばらく下っていくと「オーイ!」と手を振りながら走ってくる大型バイクが。
なんと、同じ会社のK君でした!K君とは以前、矢島カップへ一緒に参戦してました→矢島カップの結果
開口一番、「ホントに走ってたーっ!w」
僕もこんな山奥でK君と会えるとは思ってなかったので、兎に角ビックリ&嬉しかったです。
僕の計画を知って、逆ルートから駆けつけてくれたそうです。ありがたい事です。

K君から差し入れの塩大福を頂きながら、非日常な場所で不思議な感覚を覚えつつ、しばし談笑。


僕が走ってるところをK君から撮影していただきましたー。感謝です。
この後、K君は用事あるため庄内へ戻りました。



寒河江市宮内の信号を右折し、R112へ入ります。また登坂ですね~。

R112の路肩は空き缶ポイ捨て多過ぎ。。。
中にはビールやチューハイ缶も。アルコール摂取しながら運転してないよね?怖杉。


R112併設のサイクリングロード?



月山湖(寒河江ダム)到着。風が強い!



2日目の終盤に難所が待っておりました。月山IC手前から右折して旧R112六十里越街道の九十九折です。
弓張平まで距離は2km弱ですけど、平均勾配8%とか10%とか、既に売り切れ気味の足を見て思わず笑っちゃいましたー。


遠く下のほうに新道が見えます。



やっと弓張平到着。「ゆみはり茶屋」さんが気になって寄り道。



山ぶどうスカッシュを頂き、少し生き返る。



月山とんバーガーが気になりましたが、晩飯食えなくなるので又の機会におあずけ。
代わりに店長さんお勧めの自家製ソーセージをお持ち帰りで購入。



ヒイヒイを通り越し、真っ白になりながら月山荘でキャンプの受付けを済ませる。
本日の利用客は僕一人だけみたい。



晩飯の準備をする頃にはすっかり暗くなってました。



本日のメインはやっぱり「ゆみはり茶屋」さんお勧めの自家製ソーセージかな^^
ジューシーでうめっけ~!



今日は風呂無しアルコール無しでしたけど、晩飯で満腹になり、シュラフにもぐって即効寝ました。

月山一周ツーリング 其の1

月山一周ツーリング 其の2

月山一周ツーリング 其の3

YouTube編




          

Posted by ノリ at 00:03Comments(3)キャンプツーリング

2010年09月26日

月山一周ツーリング 其の1

1日目 2010年9月24日

前置きが長い & 過去に同じような事を書いた気がするので、読み飛ばしてもらって構いませんですー。


今年の目標としていた表題の計画実行にあたり、「なしてそんな疲れる事するなやー?」「一人で行って楽しいの?」等など、
この様に感じるのが一般的と思います。仰る通りで、ごく自然な疑問と思います。
自転車関係や登山などを趣味とする一部の濃い方々?は別として、実際、家族や友人知人からは前述の様に言われてました(爆)

僕にとって、実は自転車レース参戦も同じ目的なのです。それは、、、
自転車にハマリだしてから、現時点で自分がどれだけ出来るのかを確認したいという思いが、ますます強くなってます。
まぁ、自転車で色んな事に挑戦したいだけですね。ストイックではなく楽しみながら。ひとりよがりの自己満足全開っす!
勿論、自分の体力と相談しながらですけど。健康増進&出来る事ならいつまでも若々しくありたいです(気持ちだけでもね)


出発前に。余裕かます変な人。今年で40!



鶴岡市役所の辺りで「クマ避け鈴」を忘れた事に気付き、引き返す。往復で約6kmのロス。
このタイプは音が小さかったので、他にも釣鐘タイプをリュックに装備しました。



藤島から見た月山。お天気が怪しいですが、多少の雨は想定済み。



47号線沿いのドライブインにて。



交通整理のオシサンの指示により最後尾で通過。
チンタラ走っていくと、対向車線に長蛇の車列が(スンマセン^^;)



最上川はちょっと茶色く濁ってましたねー。この後、若干ルートを変更。遠回りして本合海より右折。
しかし、ほぼ平地しか走ってないのに両足パンパンに張ってますよ。先が思いやられます^^;



昼食&足を休める為、大蔵食堂さんに立ち寄る。



僕好みのしょっぱめスープが麺によく絡んでうまかったです^^



早速、クマ出没警告!
ラジオのスイッチオン。しかし、ボリューム最大にしてもあまり音が大きくない。。。
でも釣鐘タイプの鈴の音が大きいので良しとする!



この後、しばらく上り坂が続く。荷物が重くて乗ったり引いたりの繰り返しでだいぶ苦しみましたよー^^;


やっと目的地の肘折温泉郷を見下ろす地点にやってきましたよー!



なんとか明るいうちにテント設営完了。早速、温泉行ってきまーす!



温泉街から少し上った場所にある「カルデラ温泉館」



炭酸泉と言う事で飲むと舌がピリピリしましたよー。
お風呂であったまって初日の疲れを癒しました。



晩飯です。今回は水で戻す事にしました。レトルトとは呼ばないのかな?
最近の保存食は水さえあれば美味しく食べれます。これでも腹一杯になりました。

外は寒いですがテント内は快適です。嫁の携帯で息子2号からTEL有り。
第一声、「生きてる?」だそうです(笑)
兎に角オヤジはなんとか頑張ってると伝え、TELを切ったが本音はちょっとだけ寂しかったりする。
息子達が高校生くらいになったら一緒に月山一周チャレンジしてくれたりするんだろうか?無理だよなぁ。なぁ~んて考えながら。


電池式ランタンだけではちょっと暗いので、ヘッドライト併用。
自転車雑誌を読みつつ、いつしか就寝してました。



月山一周ツーリング 其の1

月山一周ツーリング 其の2

月山一周ツーリング 其の3

YouTube編

  

Posted by ノリ at 20:29Comments(2)キャンプツーリング

2010年09月23日

チャリで月山一周の準備

ダリヤカップ後、リアホイールから「カリカリ」という異音が発生。少し気になっていました。
そこで、斉藤長之助輪店さんへMYバイク入院。リアハブが壊れてるようで、この際、ホイールごと交換する事にしました。

コレです。

高額なホイールは無理なので、シマノで一番安いWH-MT15を装着です。
白いステッカーがカッコイイ!我がバイクに惚れ直しました!


早速、走りに行きたいところですが、今日は一日中雨の予報なんだよね~(泣)
そこで、かねてから計画していた自転車で月山一周の準備&最終チェックしました。


リアキャリアに積む分です。サイドバッグの中身とツーリングテント。

ゼビオの袋は3日分のレトルト食品です。あとは色々、ケトル、バーナーとか。
シュラフとマットが体積取り過ぎ。着替えとタオル等はドイター EXP エアーで背負います。
ちょっと荷物多過ぎな感じです。んむ~、だいぶ重いけど坂あがれっかな~。。。


そしてMYバイクへ装着。フロント、リア共にタイヤの空気圧はMAXです。



水道管部品で作ったキャリア補強ステーがガッチリと支えてくれるでしょう。



クイックエンドアダプターには、それほど負荷は掛かっていないと思います。
リアディレーラーに当たらない角度で固定しました。



かなり大雑把なスケジュールです。2泊3日で時計回りに月山をぐるりと一周する予定です。
距離は160kmです。平地だったら2泊3日で余裕ですけど、荷物有りの登坂ががちょっと不安です。
あと、国道112号の旧道とか完全にクマさんの縄張り内ですよね。。。
クマ除け対策は、ラジオと鈴。撃退スプレーは1缶1万円もするので無しです。


これで準備は全て整いました。明日、晴れる事を祈ります(`∀´)ノ    


レポートはコチラ↓

月山一周ツーリング 其の1

月山一周ツーリング 其の2

月山一周ツーリング 其の3

YouTbe編

  

Posted by ノリ at 17:26Comments(4)MTB

2010年09月13日

ダリヤカップ2010の結果

朝4時に起床、2時間ちょっと運転してやってきました川西町!今日は 2010 ダリヤカップの本番です。

メイン会場のダリヤ園には様々な種類のダリヤが綺麗に咲いていましたよー。
心配していた雨も朝には上がり、曇り空で暑過ぎずMTBレースには丁度良い天気かな。但し、コースは泥んこです。



いつもお世話になっている庄内町の斉藤長之助輪店さんのタープにお邪魔させて頂きました。



開会式の後はキッズレースです。今回、僕んちの息子達は参加してないので
とりあえず走ってくるキッズ達を撮影してきました。(もし顔出しNGだったら消しますので。。。


一生懸命ペダル漕いでます!



キッズ、ジュニアの次はファーストタイマー。たしか、中学生以上でで初参加の方々です。
距離は短いですが、スピード出すので、これはこれで苦しいかも?



そして、いよいよ僕がエントリーしているオープンクラスのスタートです。以下、文章多いです。
緊張しすぎて始まる前に何回もトイレへ行ってました(爆)

オープンクラス総勢100人くらいです。整列する順番は申し込み順。僕はだいたい中間くらい。
カウントダウンで一斉にスタート。最初はどうしても混み合うのでぶつからないよう慎重に進みます。

1周7キロのコースを2周します。序盤はキツくない砂利道登りなので皆さんハイペースで飛ばして行きます。
ダブルトラックへ入る頃にはだいぶバラけてきました。僕は無理せずマイペースで行く事にしましたよー。

シングルトラックへ入った辺りから下腹部に妙な違和感が。。。
そう言えば、スタート待ちの時にちょっとオシッコ出そうだったけど我慢してた事を思い出しました。
気になりだすと、どんどんニョーイが増幅していきます。。。やがて頭の中が「オシッコーォオオ!」で一杯に(爆)
「ヤベー、小2の息子2号と同じだべー!」と自分を責めつつペダルを漕いでましたが、僕のタンク貯水量は限界寸前に。

路肩にちょうど良いスペースがあったので、自転車を放り出すように降り、後続の選手の哀れむような視線を感じながら、、、
内山沢の大自然に向けて心置きなく放水するのであった。。。(泣)

さて、何人抜かれたのだろうか?同チームのSさんんも僕の恥ずかしい姿を横目に抜いていったそうです(笑)
気を取り直してドロドロ状態の激坂下りとゲレンデのテクニカルエリアをコケずになんとかクリアし、調子よく2周目へ突入。

しかし、今度は足に違和感。。。こむらがえり(両足ふくらはぎ攣った)です。この頃、同チームのKさんに軽くちぎられました。
砂利道抜けてダブルトラック入ったところで我慢できずSTOP。一旦止まってしまうと、もうダメ。両足首がバレエのトゥ状態になり、自力で曲げる事が出来ません。

路肩のスペースに座り込み、必死にマッサージ・ストレッチします。時間にして10分くらい経過したでしょうか。
「このままだと最後尾サポートが来て棄権になっちゃうかも→今年も完走出来ないのか?」という考えが頭をよぎる。

とにかく、座ってても仕方が無いと判断して押し歩き。完走を目指してMTBを押し進めます。
しばらく押していると、何だかふくらはぎが楽になってきました。丁度シングルトラック入るとこなので、乗って行く事に。

ゲレンデ付近では足の痛みが殆ど気にならくなり、止まっている選手1人を抜く事が出来ました。
そして、ようやくダリヤ園に戻ってゴーーール!

結果は、完走!そしてビリではない!(苦笑)
去年よりは路面の状態は良かったものの、リベンジ達成です!


レースが終わって気が抜けたのか、無料配布のお弁当写真を撮り忘れて完食してしまいました。
コチラはSさんの配布お弁当を撮らせて頂きました。牛肉が柔らかくて美味しかったですよー!



ダリアカップでは、お弁当の他に、すぐ隣にある
「浴浴センターまどか」
無料入浴券も付いてきます。汗を洗い流し、ふくらはぎをマッサージしてきました。



そして表彰式。キッズは全員表彰です。コレは自信付くしイイですね^^



女性クラスの賞品は毎年恒例の斉藤善一さん作の新米です(収穫予定だそうです)



お待ちかねの抽選会。僕は引きが弱くて今回は空振り。ですが
この大会の抽選会景品は、自転車パーツだけでなく味噌とかカップラーメンとかワインなどバラエティに富んでいて
なるべく多くの方々へ当たるように努力されているところが凄いと思います。
でも、僕は最後の山本和弘プロのジャンケン大会も全て負けでしたー(笑)



楽しい事はあっというまに終わってしまいますね。。。なんだか寂しいです。
また来年のダリヤカップ参戦に向けて課題を整理し、低レベルですが少しでも自己ベストを更新出来るように
1年間精進して行こうと思います。最後に大会スタッフの方々に感謝です(`∀´)ノ
  

Posted by ノリ at 00:55Comments(9)レース

2010年09月11日

明日の準備

明日、川西町で開催されるダリヤカップに参戦する為に準備中。

天気予報は雨。泥んこ大会の予感。

とりあえず、いつものように洗車して機材取り付け。
タイヤ交換・・・KENDA ネベガルDTC26×2.10 ミディアム~マッドまで対応
泥ヨケ装着・・・息子2号のバイクから拝借。たしか、泥ヨケ装着OKだった筈


実は、去年の大会も雨で泥んこ状態でした。
僕は、無謀にもノーマルのドライタイヤで参戦し、フォークのアーチ部?に泥が詰まってタイヤが回らなくなり
1周で足切り退場!2周完走できませんでした。まあエンジンの馬力が足りてなかったのが一番の敗因ですが。

なので、今年の目標は完走する事です。
完走できれば順位はどうでもいいのです。動ける中年を目指し、自分との戦いです。

   

Posted by ノリ at 17:06Comments(7)MTB