にほんブログ村  美術ブログ 鉛筆画へ  にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2013年02月17日

自宅の和室でキャンプするおバカとは?

なんだろ?このタイトルは(笑)。どうも僕です。

そして世にも奇妙な光景↓w

「あ~、またバカやってるな~!」とお許し頂けるココロの広い方々!有難うございます。

そうでない方々は、激しく憤慨&気分を害される内容かもしれませんので、

コレ以降は自己責任でお願いしますね!(しかも長文w


何故に家の中、しかも思いっきり和テイストの部屋にテントを張る事になったのか!?

えーとですねw

世の中には 雪上キャンプというジャンル が有りまして

文字通り、雪の上にテントを設営してのキャンプでございます。

ネットで色々と情報を集めたり、実際にやった事ある方々の話を聞いたりしているうちに

【雪上キャンプやりたい病】にかかっちゃった僕です( ´艸`)

うほほ~!外は極寒だけどテント内でモツ鍋作って日本酒呑んだらサイコーですよ!たぶん!(酒弱いですがw

(テント内での火器使用は換気を十分に取らないと危険です)

まあ何事も経験というか、こういうのに慣れておけば

いつか突然サバイバルな状況になっても慌てず生きていける様な気がしませんか?(いつだよw

でも、十分な防寒対策をして行かないと、非常にリスクの高いキャンプだって事は解ります。

僕もイキナリ誰も居ない真冬のキャンプ場へ突撃する勇気は持ち合わせていません。。。

そもそも、僕の持っているキャンプ用品って、マイナス気温の雪上で使えるのか?

いや、使えるだろうけど果たして寒さに耐えうるのだろうか?

一度、安全な環境でテストしてみよう!

昨晩は結構冷え込んでいて、外気温マイナス4℃の予報。まさに打って付けの条件w

でも、流石に庭へテントを設営する勇気はありませんでした。。。

何故なら、

「ちょっとちょっとぉ、○○さんちの旦那さん、前々からおかしいと思ってたけど遂にイカレちゃった?」

と、激しく怪しまれてしまいますので(笑

そこで、冒頭の写真ですよ。

空室となっている和室へ「コールマン ツーリングテントST」設営と相成りました。

ペグの代わりにカーペット用の鋲も使えますしw

風の無い室内で、テントを畳へ固定する必要は無いだろっ!というツッコミは置いといてw

室温を下げる為、吹雪が入ってこない程度に窓を少し開けておきました。


テント内の寝袋は、マミー型の「ロゴス アリーバ 6」です。手前の青い寝袋はレイヤー用。

就寝時の室温は+5℃。寒くなったら寝袋を2枚重ねて使います。

服装は、靴下・下着・ヒートテック上下・スエット的な部屋着上下です。

雪上じゃなきゃ逆効果かな?という気もしますが、銀マットを逆さにして敷き、その上に「イスカ コンフィマットレス180」を置きます。

甘酒でも飲んで体を暖かくしてから寝よう。。。

あ、設営してる段階から小4の息子2号が興味津々でした( ´艸`)

「夜中に凍死するかもよ?」な~んて、アホ話しながら作業していたら

「一緒にテントで寝たい!でもちょっと怖い・・・」などと言っていたのですが

家族から「風邪ひくからヤメテ!」と言われ、残念ですが今回は僕一人で氷点下テストを決行する事に。

ある意味、バカみたいな事に子供達を巻き込まないで!と言う、至極真っ当な考えの空気を察して納得した僕ですw

最近は夫婦喧嘩になるような言い争いは殆どしないのですが、

ビッグダディのモノマネを見て吹いた事を 思い出しましたよw

まぁ、今回のテストで安全であるという実績を残せば、

いつか息子達と一緒に【和室キャンプ】や、春以降なら【本物のキャンプ】も出来る時が来るでしょう。

そんな事を考えながら、いつしか眠りについていました。

夜中3時、寒過ぎて目を覚ますw

気温は+2℃。

今回のシュラフ「ロゴス アリーバ 6」は+6℃までしか対応していないので寒いのは当然かw

封筒型のシュラフを重ねたところ、以降は朝まで起きずに眠れました。


朝、目覚めたときの室温は+1℃。。。結局、氷点下までは下がっていませんでした。

それでも、現状のシュラフでは2重にしてもマイナス気温になったら寒くて朝まではもたないだろうという予測は出来る。

実際には地面の雪から熱を奪われる事も考慮すると、更にマージンが必要です。

もっと厚着するか、高性能なシュラフを購入するか?しないと雪上キャンプは厳しそうです。


さてさて、成り行きで実施した和室キャンプ?ですが

自然の中でやるキャンプが一番だけど、【和室きゃんぷ・・・もはやキャンプではないw】、コレも意外と楽しかったw

新しいジャンル発掘かも?!(おぃw

忙しいサラリーマン家庭でも手軽に安全に人目を憚らずに自宅でキャンプ気分が味わえる!。。。んな訳ないか?w

畳に残った鋲の痕さえ気にならなければ・・・(泣


おしまい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村





同じカテゴリー(ファミリーキャンプ)の記事画像
【OutdoorMamurogawa】アウトドア真室川プロジェクトMTG
ファミリーキャンプ由良
同じカテゴリー(ファミリーキャンプ)の記事
 【OutdoorMamurogawa】アウトドア真室川プロジェクトMTG (2015-11-22 01:20)
 ファミリーキャンプ由良 (2010-08-07 15:15)


この記事へのコメント
てんといいなーーーー
俺も欲しいなーーーー

山登りで使えるやつ。
高くて買えんわ(笑)!!!
Posted by イダロー at 2013年02月18日 17:20
こんにちは 時々拝見しておりますよ!  スノーキャンプいいですよね。  個人的にお勧めの場所は、小安峡のとことん山キャンプ場ですね。  何度かスノーキャンプしてますよ。  温泉付き、スキー場も隣にあるのがうれしいですね。 夏場の週末は、混雑しますが、冬は ほとんど 貸し切りです。 あまり、教えたくはなかったのですが!
Posted by タカヒロ at 2013年02月18日 19:49
イダローさん こんばんは。

このテントは安物なので重いですが、登山用のは軽くて良いですよね~。
同じく、高くて変えません^^;

タカヒロさん こんばんは。

コメント&貴重な情報を有難うございます^^
とことん山っていう名前も良いし温泉付ってパラダイスな場所ですね。
あ~益々スノーキャンプへの憧れが増して行きます^^
Posted by ノリ at 2013年02月18日 20:12
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。