にほんブログ村  美術ブログ 鉛筆画へ  にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2016年07月10日

【マグナ250を購入しました】早速サドルバッグ付けました【オートバイ】

仮ではなく正式なマグナライダーとなりました。どうも僕です。

免許は有ってもオートバイを購入するなんて家族が絶対に許さない。。。

という方々も多いかもしれませんが

うちの家族からは反対もほぼ無く(えw)

「しゃーないなー」って感じで承諾を得られました(おw)

その寛大な対応に感謝しまして(人´∀`*)

今後とも今まで以上に家事手伝いを頑張りたいと思いますm(_ _)m

で、早速マグナさんを

更にカッコよく仕上げようと思いまして

しかも便利にライドできるアイテムを取り付けました。

それは【BikeFarm】からポチッたbag-sbllサドルバッグLLサイズ32Lです。

コレですよ!コレコレ(人´∀`*)

どうです!?このグラマラスでAMAZINGなリアビューは!一目惚れするレベル(僕だけ?w)

あ、失敬。。。つい興奮してしまいましたw

反対側も。


真横から。


真後ろから。

左側のバッグ下部の変形が若干気になりますがバックル引き上げればOKかな?

マフラー交換してあるのでバッグとの干渉は気にしなくてもOKです。

ホントは純正マフラーのデザインが好きなんですけど・・・(´・ω・`)

純正マフラーはバッグと干渉する?排気ガスがかかる?というリスク高し。

僕は確実性を重視しますので

ここはイチかバチかの賭けに出る局面ではないと判断しました(笑)

実は純正マフラーも持ってるので試そうと思えば試せるんですが

アラフィフおじさんはスキルも無く

NGだったら戻すのメンドイのでやめておきます(´Д`)


さて、以降は取り付け備忘録です。

結構、四苦八苦してしまいましたよー(汗)

まずは準備から。

おもむろにシートを外します。

ノーマルシートの場合、外すボルトは3箇所(いきなり写真無しw)

バッグサポートは定番のキジマ製を事前に購入してました。

付属のネジ・・・後で説明しますが絶対に長さが足りないと思うのは僕だけ?

固定ネジ4つを緩めて付いてたキャリアごと外します。

この時の注意点は、前側は大丈夫なんですが後ろ側のボルト緩める時にフェンダー裏側のナットも手orレンチで保持すること。

でないとボルトが共回りするか?ねじバカになるか?兎に角ハマル事うけあい(゚Д゚;)

手が盛大に黒くなるのは嫌なので僕はレンチを使いましたよー。

参考にバッグサポートを固定するボルト3種類。

上段4本が元々付いてた物。中段がキジマ付属、下段は僕がホムセンから調達した8×110mm。

で、まずアタマ側に8×10mmスペーサーとワッシャー(ホムセン調達)入れます。

将来ロングツー時の荷ヒモ掛け用です。

で、おもむろにバッグサポート&8×20mmスペーサー&ワッシャー(ホムセン調達)を通して車体へ取り付けます。

なんでスペーサー必要かって?

それはね・・・

20mmスペーサー有りですらコレですよお客さん!サスとの隙間がギリギリ(゚Д゚;)

そう、つまりスペーサー無しで組むと確実にバッグがサスに当たるっていうね(マグナSだけかな?)

バッグサポートを組み付けた苦労が水の泡と化した人々の・・・

悲壮感に打ちひしがれた顔を何度見たことか!(いや、見てませんけどねw)

兎に角この既知地雷を回避する為にスペーサーが必要だったんですよほぉ。

手順に戻りますが(笑)

えーと、そうそうバッグサポート固定ボルトを締める際のポイントは・・・

下がってしまったフェンダーを手で上げて4つの固定ボルトを上手く貫通穴に入れて下さいね。


実は僕、フェンダー下がりに気付かず・・・(゚Д゚;)

「いつまで経ってもボルトが入っていかないよぉー」と心の中で5分以上叫んでおりましたとさ。

叫び続けてから約7分辺りで

ハタと冷静になり、精神を集中させフォースを・・・じゃなくてw

原理原則に基づき各部を再確認してフェンダー位置ずれに気付いた次第であります。

いやぉ阿呆ですな僕・・・。

フェンダー固定にも使われてたボルトだなんて考えもしなかったね!貫通穴も見えない位置にあるんだものー(言い訳w)

バッグを水平にするにはデフォのベロ(?)長だけじゃ足りないので古いベルトを切って補間。

タイラップと紐で固定しました。

尚フェンダーとベロ(?)の間にズレ防止のゴムシートを挟めてあります。

(夏場に溶けそうですが見えない箇所なのでOKかとw)

バッグの揺れ防止と回転角度決めの為にリピートタイプ結束バンドで適当に固定。

デフォだとバッグが後ろ下がりになるのでバッグ後部のループとバッグサポート固定ボルトを結束バンドで繋いで引っ張り上げると水平になります。

これも見えない位置なので取り回しが適当過ぎますが再考の余地アリですね。

バッグに付属している合皮バンドは

普通のズボンバンドのミニチュア版で細かい長さ調整が出来ず使い物になりませんのであしからずw

これにてサドルバッグ取り付けは完了です。


ここまで読んでくれた特異な?皆様も

プチ追加でご自分の理想とするバイクへと近づけますように(人´∀`*)

もちろんノーマル至上主義もアリだと思いますよ!

濃いカスタムも良いねー。

素晴らしきは自由!\(^o^)/

長々とお付き合い頂き有難うございました。

最後までご覧頂きありがとうございました!

にほんブログ村  美術ブログ 鉛筆画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



同じカテゴリー(パーツ)の記事画像
【エアーコンプレッサー?】折角だから使おう
【秋田ツーリング】法体の滝に行ってきました
【サイドバッグガード考案②】暑すぎてマフラー交喚断念
【サイドバッグガード考案】まだ上手くいくかワカリマセン
【WAKOSケミカル購入】ロードバイクにも使える製品
【防寒/防風/防雨/保温】タッチパネル対応のウインターグローブ
【サイクルインナーパンツ】より快適なライドの為に
【トップケース購入&取り付けレビュー】安物買いの何とかを工夫して問題なし?
【スモークシールド取付け】社外品を転用して上手くできたかな
【武士道と日本刀】ナショナルジオグラフィックチャンネル
【新ヘルメット】RYOGAフリップアップヘルメット
【GIANTジュニア用マウンテンバイク】リサイクルショップ中古売買情報【買取価格のみw】
【NAVERまとめサイト掲載されてた】今更感なMTBキャリア取り付け記事ですけど
【顔出し画像?】やはり自転車用には向かないかも
【度付きサングラス】なかなか良い買い物をしましたよー
【サドルの話】身体に合うサドルと巡りあえたらラッキー
【アクシデント】たいした事ではないのですが【ツール・ド・東北へ出発】
【ボトルケージアジャスター再び】買っておいて良かったです
【ボトルケージアジャスターⅡ】取り付けてみましたが結果的に不要でした
【ボトルケージアジャスターⅡ】購入しました【エヴァディオ】
同じカテゴリー(パーツ)の記事
 【エアーコンプレッサー?】折角だから使おう (2018-01-18 23:01)
 【秋田ツーリング】法体の滝に行ってきました (2017-07-11 00:15)
 【サイドバッグガード考案②】暑すぎてマフラー交喚断念 (2017-07-09 16:04)
 【サイドバッグガード考案】まだ上手くいくかワカリマセン (2017-07-07 22:45)
 【WAKOSケミカル購入】ロードバイクにも使える製品 (2017-04-24 21:15)
 【防寒/防風/防雨/保温】タッチパネル対応のウインターグローブ (2016-10-06 01:02)
 【サイクルインナーパンツ】より快適なライドの為に (2016-09-15 00:10)
 【トップケース購入&取り付けレビュー】安物買いの何とかを工夫して問題なし? (2016-08-06 21:43)
 【スモークシールド取付け】社外品を転用して上手くできたかな (2016-08-04 00:15)
 【武士道と日本刀】ナショナルジオグラフィックチャンネル (2016-07-29 02:05)
 【新ヘルメット】RYOGAフリップアップヘルメット (2016-07-24 21:55)
 【GIANTジュニア用マウンテンバイク】リサイクルショップ中古売買情報【買取価格のみw】 (2016-07-02 20:52)
 【NAVERまとめサイト掲載されてた】今更感なMTBキャリア取り付け記事ですけど (2016-06-08 22:31)
 【顔出し画像?】やはり自転車用には向かないかも (2016-02-27 20:43)
 【度付きサングラス】なかなか良い買い物をしましたよー (2016-02-19 20:54)
 【サドルの話】身体に合うサドルと巡りあえたらラッキー (2015-10-09 01:04)
 【アクシデント】たいした事ではないのですが【ツール・ド・東北へ出発】 (2015-09-12 09:04)
 【ボトルケージアジャスター再び】買っておいて良かったです (2015-08-29 23:41)
 【ボトルケージアジャスターⅡ】取り付けてみましたが結果的に不要でした (2015-08-22 02:06)
 【ボトルケージアジャスターⅡ】購入しました【エヴァディオ】 (2015-08-20 00:43)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。